Y&Y
mainblogcontact us

Y&Yブログ!

Y&Yの徒然日記
下落合「ジビエ料理 アンザイ」後編
究極のジビエ料理、つづきです。

鍋の前に、猪の小腸。

地元の山椒を添えて。

猪の小腸と言うとにおいそうですが、

下処理すごい丁寧なんでしょうね、匂いません!!!

 

で。

いよいよ登場です!猪のお肉。

ちゃんとエイジングしているそうで、

(エイジングという言い方も、う〜んっておっしゃってましたが)

4度で4、5日から1週間だそう。

 

一緒に煮るのが、キノコの山!

 

お肉は、背ロース肉、もも、肩、脂のあるもも、三枚肉、などなど。

しっかり下ゆでしてから、煮込みます。

 

お野菜は、お味噌などをつけて。

 

鮎を焼いた時のオイルも無駄なく、

アンチョビ風に。



この辺りから、赤2本目と、こちらも、

このロゼ、すごく素敵な色でしょ?

味も格別なんですよ!!!

 
 

ほかにもいろいろあるよって、見せてくださいます。

数がないから、二度とお目にかかれないものもありそう・・・

 

後は、肝。

 

美味しいのに、この辺りになると、お腹いっぱい!

 

猪の肉は、牛肉と違って、煮れば煮るほど柔らかくなります。

 

混ぜて、いただきます〜!

 

〆は、きしめん!


 
本物のジビエなので、

角やキバが置いてあって、

毛皮も加工してくださるんですよ!



押入れの中には、ぎっちり焼酎も。

まあ、とにかく、マニアックなお店です。

HPとか見ていただいても、こだわり、ハンパないと思いますよ!

これは楽しい、一度は経験してみたいお店です〜♪


■CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
■最近の書き込み

■CATEGORIES
■月別の書き込み

■LINKS

Copyright (c) 2006 - 2014 Y&Y. All Rights Reserved.